« ドカ雪 | トップページ | エンスト!!! »

ラブリーボーン

最近の映画でよくある予告やCMでの見せ過ぎ・あおり、ダメなんですwobbly
『ラスト○○分、衝撃の展開!!』とか、『感動の大作!!』とか。
感動とか面白そうに見せるのは当たり前だとは思うのですが、何でしょう…やりすぎなんじゃ…とゆうか。

この作品もそうだったように思いますdowndown

20091012006fl00006viewrsz150x

スージー・サーモンは、14歳のときに近所に住む男にトウモロコシ畑で襲われ、殺されてしまった。父は犯人捜しに明け暮れ、母は愛娘を守れなかった罪悪感に苦み、家を飛び出してしまった。スージーは天国にたどり着く。そこは何でも願いがかなう素敵な場所で、地上にいる家族や友達を見守れる。スージーは、自分の死でバラバラになってしまった家族のことを心配しながら、やり残したことを叶えたいと願うのだった…。


え~~…っと…、この作品。センタロウ的にはナシでしたgawk
結構前に観に行って、しばらく記事に書こうか迷っていましたが
せっかく観に行った訳だし。


感想としては、イマイチ上手く飲み込めず、消化不良を起こした感じ。
のめり込む事もなく、ただ後味の悪い気分が残っただけ…
もうちょっとやりようがあったんじゃないかなぁdespair
少女の最後にやり残した事についても共感が持てず…
もっとやる事あったんじゃないの??なんて思っちゃったり…
彼女の遺体が最後まで発見されずなとこも、犯人の最期も、そんなものなの?と。


キャスティングは良かったと思います。

スージー役のシアーシャ・ローナン。綺麗な青い瞳が印象的でしたshine
愛嬌があって可愛いし、演技や表情も素敵だったと思います。

そして犯人役のスタンリー・トゥッチ 。
気持ち悪さとゆうか、恐ろしさとゆうか…怖いです!
後々思い出しては、恐怖と気持ち悪さが蘇えってきます。
近所に本当にいそうだもんな~ああゆうおじさん。普通に。
『プラダを着た悪魔』の時とは大違いw!!
色んな意味で素晴らしい役者さんですね~coldsweats01


感動、とゆうよりは妙な後味の残った作品でした。
原作がヒットしてたとゆうだけに残念な気もします~。

|

« ドカ雪 | トップページ | エンスト!!! »

★MOVIE★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473539/33595478

この記事へのトラックバック一覧です: ラブリーボーン:

« ドカ雪 | トップページ | エンスト!!! »