« 検診 | トップページ | 沖縄・紛失・泥酔 »

『インビクタス/負けざる者たち』

335400view001

1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。1995年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップに向け、マンデラとチームキャプテンのピナール(マット・デイモン)は、一致団結して前進する。

っんが!!
大好きなクリント・イーストウッド監督の作品。
それに加えてモーガンフリーマンも好きな俳優さんです。
この2人の作品、公開早々に観に行ったのに、観て満足してレポ書くのを忘れてました~…><何て事…。あぁ、覚えているかしら、あたしの脳みそ。

長い間監獄にいた男が、南アフリカの大統領になり、人種差別などの問題に立ち向かって行く…スミマセン。あたしが書いてると貧相なものになってしまいましたdown
映画は言うまでも無く、とても素晴らしい物語です。

元囚人の男が国の大統領になって、国をひとつにまとめていこうとする。
想像としてはもう少し違った雰囲気を想像してたのですが、さすがイーストウッド監督、素敵な結末へと導いてくれました。
ノンフィクションとゆう事ですが、恥ずかしながら私はこの事実を知りませんでした。


センタロウよりも先に観に行っていた先輩と話していた話。
先輩的にはモーガンフリーマンは囚人役が妙に似合う、と(笑)
でもあたし的には大統領役のほうがしっくりくるんですが^^;
『ディープインパクト』の時もそうだったし~…。

あぁ、なんて両極端な話(笑)

ラグビーにしても全く無知なセンタロウです。
ルールも分かんなけりゃ、楽しみも分からんちん。
でもたった数時間で興味が沸いてくるもんです~
見せ方が素晴らしかったのか…映画終わりには

「ボールは横か後ろにしか投げちゃいけないんだよ~」

なんて得意げに(笑)初歩中の初歩です。
今度本物の試合をTVで観てみます^^


マット・デイモン、俳優として徐々に出始まった頃の彼の演技はなんだか好きじゃなかったのですが、色んな作品を経てすごい良い役者さんになってると思います。なんてゆーんでしょう。ずっしりとしっかり芯の通った感じ。(分かりずらい?)素敵な名優さんになったと思います。

観た直後にはもっと熱い思いがあったはず~><
悔しいような気もするけど、とても良い作品にホッコリでした~

|

« 検診 | トップページ | 沖縄・紛失・泥酔 »

★DIARY★」カテゴリの記事

コメント

センタロウさん
こんにちは♪
TBありがとうございました!
お久しぶりです。TBしましたが。。。
はじかれるようですね。ということで、
コメントのみで失礼します<(_ _)>
イーストウッド監督作品としては、
シンプルな作品でしたが。
マット・デモン、フリーマンの素晴らしい演技
に心打たれました。またお邪魔しますね!!

投稿: mezzotint | 2010年3月30日 (火) 10時36分

>mezzotintさん。

こんにちわnote
お返事が遅くなってしまってスミマセンsweat01なかなか忙しくって記事もままならない状態でsad

インビクタス、素晴らしかったですねぇ。
確かにシンプルだったかな?役者さん達は本当に素晴らしかった!!マット・デイモン、いい役者になりましたよね~

あたしもまたお邪魔しますねheart02

投稿: センタロウ | 2010年4月11日 (日) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473539/33828647

この記事へのトラックバック一覧です: 『インビクタス/負けざる者たち』:

» ♯13 「インビクタス/負けざる者たち」 [cocowacoco]
映画 「インビクタス/負けざる者たち」 INVICTUS         クリント・イーストウッド監督 2009年 アメリカ 憎しみからは何も生まれない。 赦す。 イーストウッド監督の独特の苦味をも消して、ストレートな讃歌。 ネルソン・マンデラ氏の掲げる理想の「虹の国」の一片を見せてもらいました。 (しかし、マンデラ氏は政治から引退。いまも南アフリカ は問題山積みのようです) スポーツを使っての政治に乗せられようが、 めでたしめでたしの御伽噺なような終わり方だとしても、 平和を求める前... [続きを読む]

受信: 2010年3月18日 (木) 23時32分

» 『インビクタス/負けざる者たち』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「インビクタス/負けざる者たち」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 アンソニー・ペッカム□原作 ジョン・カーリン □キャスト モーガン・フリーマン、マット・デイモン、ザック・フュナティ、グラント・L・ロバーツ、       トニー・キゴロギ、スコット・イーストウッド、ラングレー・カークウッド、ボニー・ヘナ■鑑賞日 2月7日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> ラグビーのノーサイド。 戦い終わっ... [続きを読む]

受信: 2010年3月19日 (金) 00時48分

» インビクタス/負けざる者たち(2009) [銅版画制作の日々]
 原題:INVICTUS ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 あのクリント・イーストウッド監督の最新作ということで、楽しみにしていた作品です。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。ネルソン・マンデラと言えば、2007年公開の「マンデラの名もなき看守」を思い出しました。この作品を観ていたので、マンデラ大統領については少しだけ予備知識がありました。彼はアパルトヘイトに反対したため、27年という長い間ロベン島の刑務所に投獄されていました。一口に27年なんて簡単に言うべきじゃないけど。いやあ大変ですよ... [続きを読む]

受信: 2010年3月19日 (金) 10時53分

« 検診 | トップページ | 沖縄・紛失・泥酔 »