« お料理教室 | トップページ | 劇団四季 キャッツ »

20世紀少年<最終章>ぼくらの旗

1007373_01


「世界大統領」となった“ともだち”が、世界を支配する“ともだち歴3年”(西暦2017年)。殺人ウイルスが蔓延した東京はそびえたつ壁に包囲され、都民の行動は完全に制限されていた。そして“ともだち”は「8月20日正午、人類は宇宙人に滅ぼされる。私を信じるものだけが救われる」と声明を発表。それは、その日時に新たな殺人ウイルスがばらまかれることを意味していた…。一方、ヨシツネ率いる反政府組織“ゲンジ一派”、武装蜂起を訴えるカンナ率いる強硬派“氷の女王一派”、そしてユキジとオッチョらは、それぞれ人類滅亡を回避する方法を水面下で模索していた。


先月に観に行った作品です。
ブログに書こうかどうしようかずっと考えてて、しばらく放置してたんですが…
だってなんだか最終章になるにつれて「…ちょっと違う?」的な気分が拭えなかったもので(´-д-`)先に原作読んじゃうとそうゆう気持ちは少なからずとも出ちゃうわけなんですがね( ̄Д ̄;;

第一章の時はキャストの豪華さだったり、キャラにそっくりな人を選んだなーってゆうビックリで楽しく観させていただきました(主役、ケンヂ以外は…)ストーリー的にも原作にも結構近かったですし。
そして今回、第3章!原作と比べちゃうと~…ってゆうとキリがないので…
終盤結構引き込まれましたよ!ロボットのシーンとかCGで迫力あったし、役者さんたちの演技に更に引き込まれました。
しかも主要キャストにセンタロウの好きな役者さん、佐々木蔵之介さんと香川照之さんがいまして、そんな面でも楽しめましたsmileこのお2人もやはりヨシツネとフクベエにピッタリな感じでしたねnote
そんなヨシツネの最後の原作にはなかったくだり…あれは必要だったのか?!と、ちょいと疑問ですがsweat01だって途中で読めちゃったんですもんsweat01う~ん…残念sweat01sweat01

監督の堤幸彦さんの作品も大好きです。「ケイゾク」「トリック」シリーズとかすべて観ましたしnote(ちょっと古いかしら??)堤監督の作品感はちょこっと出てたかな~と思いますヽ(´▽`)/

あの膨大な原作を2時間×3部作でも完璧に伝え上げるにはやっぱり大変なんだな~っと思いますね。しかも感じ方は人それぞれですしね。長々と偉そうに書いてしまいましたが、無事3部作完結して、全部観賞できて、レポ書けて良かったと思います。
また原作読み返してみよ~っとsmile

|

« お料理教室 | トップページ | 劇団四季 キャッツ »

★MOVIE★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473539/32513616

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀少年<最終章>ぼくらの旗:

« お料理教室 | トップページ | 劇団四季 キャッツ »