« 山崎まさよし Walkin’ my shoes tour 2009 | トップページ | 仙台旅行記 »

私の中のあなた

Photo


11歳の少女アナは、白血病の姉に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によってこの世に生まれた。母サラは愛する家族のためなら当然と信じ、アナはこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきた。そんなある日、「もうケイトのために手術を受けるのは嫌。私の体は、自分で守りたい」と、アナは突然、両親を相手に訴訟を起こす。しかし、その決断にはある隠された理由があった…。

観に行ったのは一週間ほど前です。
白血病と戦う長女と、その家族を描いた物語。題材的には暗く、難しい…しかも長女のためにドナーとなり、しかも生まれた理由が臓器を提供するために遺伝子操作で作られたとゆう次女の存在。しかもしかも、その子が親を相手取り裁判を起こす…。   「なんと重いお話なんだろう。」残念ながら正直最初にそう思ってしまいましたthink

…が、蓋を開けてみればガラリと印象が変わりました。
もの凄いおちゃらけてるなんて事は無いんですが、闘病中の彼女も家族も皆明るい。
そして皆が皆を思いやり、すごく幸せな暖かな家族のお話でした。(ちょっと違う面もありましたが)


主演のキャメロン・ディアス。昔から好きな女優さんで、いつもキャピキャピとした明るい印象で
今回の作品にも表れつつあったり…
でも今回は初の母親役。いつもとは違う演技が観れた…かな?
いや、正直母親役とゆう事だからもうちょっと…こう…ねぇ?ってな部分もありましたがcatface

そして次女役のアビゲイルちゃんvirgo
かわいらしくて、でも時々見せる大人びた表情にドキッとさせられたり。
終盤のケイトとアナの「両親を相手に訴訟を起こす」話し合いをしている時なんか、ケイト役の子もそうだったんだけど、アナ役のアビゲイルちゃんに引き込まれちゃって感動・感動!!でしたcrying
大好きなお姉ちゃん、離れたくないけど望みも叶えてあげたい。感動です~~!!妹の性でしょうか。(センタロウは妹です。←だから?笑)
もしかしてこんな真相が隠されてるんじゃない??とか、先を読む暇も無く、ただ見入ってしまった2時間でした。
そして観終わった後、色々考えさせられる作品でした。

|

« 山崎まさよし Walkin’ my shoes tour 2009 | トップページ | 仙台旅行記 »

★MOVIE★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473539/32266508

この記事へのトラックバック一覧です: 私の中のあなた:

» 『私の中のあなた』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「私の中のあなた」□監督・脚本 ニック・カサヴェテス □原作 ジョディ・ピコー □キャスト キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック ソフィア・ヴァジリーヴァ、トーマス・デッカー、ジョーン・キューザック、エヴァン・エリングソン、デヴィッド・ソーントン■鑑賞日 10月18日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>    なんだろう・・・この温かい涙は。  10年毎に観直してみ... [続きを読む]

受信: 2010年2月17日 (水) 08時33分

« 山崎まさよし Walkin’ my shoes tour 2009 | トップページ | 仙台旅行記 »