« さくらまつり | トップページ | 『ジャンパー』 »

『陰日向に咲く』

Photo_3


ギャンブル好きが高じて借金まみれになったシンヤ。上司から援助を受けるも、パチンコで使い果たしてしまった。
会社から見放され、取り立てに追われるシンヤは、オレオレ詐欺で金を稼ごうとする。しかし、電話に出た老婆がシンヤを自分の息子と思い込んで話し始め、二人の間に奇妙な交流が始まる。
悲しく優しい老婆の声にシンヤはカネをせびるのも忘れ…。


随分前に観に行った映画のレポになってしまいましたが…
うん、面白い作品でした。あたしは好きです。

まぁ、なにより

岡田君かっこよかった~!!!

まぁまぁ。落ち着いて。

原作を読まずに観てきたんですが、岡田君演じる”シンヤ”はものの見事なダメ男なんですね。
ギャンブルをやめられず
借金をして
会社にまで金を借りて
返済のやくざっぽい人に追い回されて
言われるがままに、犯罪に手を出そうとして…


でも、そんなダメ男でも、岡田君が演じるとダメに見えてこないから不思議(笑)
(この時点であたしもダメか…(゚Д゚)?)

苦悩であったり、悲しさであったり、怒りであったり
そんな演技が観ていてすごく伝わってきた感じがあって、岡田君の演技が改めて好きだな~と思いました。
うまいですよねぇ?彼の芝居。
(岡田君好きだからじゃない?って言われたらそれまでですが…)

シンヤの父親役の三浦友和さん。
センタロウはこの方のドラマとか映画とか、つまりはお芝居関係を記憶のある限りあんまり観たことがなかったんです。
なんですが、頭のどこかで『ちょっと悪い役とか暗い役とかやってる人』と、勝手に印象付けていました。
そして最近まじまじ観たのが『薔薇のない花屋』。
このドラマで三浦さんは主人公を騙すって役を(最初のらへんで)やってましたよね?
『あ~、やっぱり』と、変な納得をしていたのですが、この映画を観てガラリと変わりました。

すごい良いパパじゃない~~~。

素直になれない父親と息子。岡田君の演技もそうでしたが、三浦さんの演技がセンタロウは良かったと思いました。

そしてストーリーとしては東京の街中で出会った人々が、最後には1つ、また1つと不思議な縁で繋がっていて
そこにもまた感動させられました。
多少ネタバレとゆうようなとこもあったのですが、でもそんなの関係ねぇ!です(古い。)
ただ、ゆうすけとみゃーこの部分だけ繋がりがなかったのが残念。
あそこも繋げていただいて、どんな風な縁があったとか観てみたかったな~。

久々に邦画を観たんですが、落ち着きながら観られました。
観終わった後も『ほぉ~~~ぅconfidentdash』って感じで。
もちろん『ドキドキheart02ハラハラsweat01』って映画も好きですが、たまにはこうゆうのもいいね~って思いました。

うん、そして


岡田君がかっこよかったです♡(笑)

|

« さくらまつり | トップページ | 『ジャンパー』 »

★MOVIE★」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/473539/20319008

この記事へのトラックバック一覧です: 『陰日向に咲く』:

» 『陰日向に咲く』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「陰日向に咲く」□監督 平川雄一朗 □原作 劇団ひとり □脚本 金子ありさ □キャスト 岡田准一、宮崎あおい、伊藤淳史、西田敏行、三浦友和、平山あや、塚本高史、緒川たまき ■鑑賞日 1月27日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5) <感想> 原作は読んでいないが、岡田クンが出ているということでかみさんのお供的に観たのだが、“陰日向に咲く”とはよく言ったものだ。 人のえにしとは運命の赤い糸ではないけれど、もしかしたら元々青や緑や様々... [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 17時19分

» 陰日向に咲く 駄目男を岡田准一が演じる! [銅版画制作の日々]
  日の当たらない9人の物語 2月19日、東宝シネマズ二条で鑑賞。「劇団ひとり」の作家デビュー作であり、何と大ベストセラーとなった小説らしいです。実は主演を務めた岡田准一君の密やかなファンでもあって、ぜひ鑑賞したい映画でした このところ、色々な話題作に出演の三浦友和さんも、出演していました。今回はサラリーマン役。イメージとしてははまり役かもしれませんが。以前はそれほど気になる役者さんだと思わなかったけど・・・・・。最近はそういう概念を捨てさせてくれる感じですねおぉ〜〜!そしてなんといってもこの... [続きを読む]

受信: 2008年4月18日 (金) 11時43分

« さくらまつり | トップページ | 『ジャンパー』 »